なぜ虫歯ができるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人が、一度はなると言われている虫歯は、
歯周病と並び、歯を失う大きな原因となっている。

 

 

先進国の中でも日本は、虫歯になっている確率は、非常に高いものだ。

 

 

子供や若い世代の虫歯は、減少傾向にあるが、
高齢者は虫歯が増加しており、問題となっている。

 

 

昔は、虫歯になる人は、甘いものばかり食べているからだ、
という風潮があったが、現代では必ずしも、
それが理由とは、考えられていない。

 

 

なぜかと言えば、個人差が大きいからだ。

 

 

もちろん、甘いものを食べることが多い人が、
虫歯になりやすい側面はあるけれど、
唾液の分泌量や飲食回数など、様々な要因が、
虫歯のリスクになると、現代では考えられている。

 

 

裏を返せば、生活習慣を見直し、普段しっかりと、
ケアをしていれば、虫歯は防げるということなのだ。

 

 

虫歯ができるには、ミュータント菌に代表される、
虫歯菌があるからなのだが、生まれたての、
赤ちゃんの口の中には、存在していない。

 

 

感染するのは、乳歯が生えそろってくる頃で、
感染源は、実は大人が口移しで食べさせたり、
はしやスプーンなど、同じ食器を使うことが原因なのである。

 

 

大人の場合は、治療した歯の隙間に細菌が入り込み、
治療した歯が、再び虫歯になることが多い。

 

 

その際、治療したところより、奥に進むことが多く、
神経に達する虫歯に、なってしまいがちだ。

 

 

治療したからと安心することなく、治療したからこそ、
徹底的に、ケアしないといけないのだ。

 

 

虫歯の治療法が、いくら進化しても、
日常的なケアをするのは、自分自身である。

 

 

また、高度な治療は、自費診療となり、費用もばかにならない。

 

 

健康な生活を維持するためにも、
歯の状態に、もっと関心を持つようにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

歯科衛生士の、最大級求人数、『ファーストナビ歯科衛生士』 のご紹介!

 

 

歯科衛生士に特化した、お仕事紹介サービスです。

 

 

非公開求人を含めた、求人数がとても多く、ご希望にあった求人が!
もちろん、サービスは完全無料です♪

 

 

 

 

歯科衛生士さんのための、お仕事紹介サービス、『ファーストナビ歯科衛生士』/業界最大級の求人数♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

家族間でも感染する、歯周病に注意
糖尿病は、歯周病になりやすい?
歯周病と、他の病気との関係?
今後、医科歯科連携は進むのか?
口の中の細菌が、あらゆる病気を引き起こす?
なぜ虫歯ができるのか?
進化する歯科の治療法
歯周病と冷え症は関係ある?
注目される、訪問歯科診療