インフルエンザの、正しい予防策!

 

 

 

 

 

 

10月に入ると、各医療機関では、
インフルエンザワクチンの受付などが始まってくる。

 

 

日常的に、うがいや手洗い、マスク使用などで、
カゼやインフルエンザを予防することは大切だが、
普通の状態の時に、うがい薬を使用していると、
のどを守る菌まで殺菌してしまうので、逆効果になってしまう。

 

 

その結果、かえって、カゼやインフルエンザに、
かかりやすくなってしまうので、子どもを持つ親は、注意する必要がある。

 

 

もちろん、手洗いとうがいを習慣づけることは大切だが、
お茶か塩水でのうがいで、十分なのだ。

 

 

また、手洗いも、ひどい汚れでなければ、石鹸で洗う必要はない。

 

 

洗いすぎると、皮膚の常在菌がいなくなってしまい、
かえって、アトピーなどの皮膚炎を起こす可能性がある。

 

 

そもそも、インフルエンザの完ぺきな予防方法などはない。

 

 

なぜならば、インフルエンザは、ウイルスが変異を繰り返す病気で、
1度かかって治癒しても、またかかってしまう可能性があるからだ。

 

 

予防するには、極めて、普通のことを普通にやるのが、大切である。

 

 

 

・寝不足にならず、規則正しい生活を送ること
・手洗いとうがいを習慣づけること
・野菜や果物でビタミンをきちんと補給すること
・洗濯物を部屋に干すなどして、部屋の湿度を適度に保つこと
・寒いからといって、部屋を暖め過ぎず、換気をすること

 

 

 

などが、それにあたる。要するに、
普通に規則正しい生活をすることが、インフルエンザ予防への近道なのだ。

 

 

最近は、様々な抗菌グッズが、家の隅々に溢れているが、
そもそも、抗菌という言葉に、明確な定義はない。

 

 

あまりそういったものに頼らず、普通に生活することが、
一番健康的だということを、理解しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

寝る子は育つは本当か?
食事中はテレビを消した方がいい?
過保護がアレルギーの原因?
ジュースの飲み過ぎは、キレる子どもを育てる?
きれいにし過ぎるのも問題?
インフルエンザの、正しい予防策
母乳が食物アレルギーを防ぐ?