ストレス社会の中、重要性を増している、『保健師の仕事』

 

 

 

 

 

 

 

 

現代はストレス社会と言われて久しく、
働き盛りの人達の中で、慢性疲労症候群が増えている。

 

 

健康寿命という言葉が生まれるぐらい、
元気に生活することへの危惧は、誰もが感じている。

 

 

こうした中、予防に重点を置いて、健康管理に携わる専門職である、
『保健師』 の役割が、ますます重要性を増している。

 

 

企業内における、労働衛生活動や保健指導から、
地域住民の、健診や保健計画の立案など、
これからの地域社会を支えるために、欠かせない存在だ。

 

 

保健師として活動するには、まず、看護師の資格を取得しなければならない。

 

 

その後、指定の学校、もしくは、養成所で、必要な知識と技術を習得し、
国家試験に合格して、初めて免許を取得できる。

 

 

以前は、看護師の試験に落ちても、
保健師の試験にさえ合格していれば、仕事ができたが、

 

 

医療の高度化や、原因が特定できない疾患の増加に伴い、
看護師としての知識が不可欠との考えに基づき、
現在は、看護師の資格を有していなければ、
保健師として仕事をすることはできない。

 

 

看護師の仕事が、病気の治療に携わることであるのに対し、
保健師の仕事は、人々の病気を未然に防ぐことで、
高齢化社会が進み、予防医療の重要性が高まる中、
保健師の役割もさらに広がっている。

 

 

特に、罹患者が増え続ける、生活習慣病に関する、
予防推進活動の、中軸として期待されている存在だ。

 

 

民間保険会社や、健康保険組合では、
保健師の採用活動が活発になっており、健康に関する豊富な知識と、
忙しさにかまけて、つい受診から遠ざかる、
労働者や地域住民の相談に乗る、コミュニケーション能力を併せ持つ保健師は、
旬であり、全国各地で求められている、人材である。

 

 

 

 

 

 

 

 

医療の仕事、資格取得の総合サイト、『ケア資格ナビ』 のご紹介!

 

 

医療の仕事の資格取得スクール、資料一括請求ができます!

 

 

日本全国から検索できますので、あなたのお住まい近くのスクールで探せます♪
(下のバナーは、実務者研修の講座ですが、「ケアマネジャー」 など、色々あります!)

 

 

 

 

気になったら、とにかくまずは、資料請求を! → 医療の仕事の資格取得なら、『ケア資格ナビ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

保健師
救急救命士
薬剤師
臨床工学技士
助産師
獣医師
視能訓練士