ノロウイルスに注意しよう!

 

 

 

 

 

 

ノロウイルスによる腸炎が、明らかになってきたのは、
1970年代の終わり頃からのことで、現在では、
多くの国で、主に、冬場の食中毒の原因になっている。

 

 

特にアメリカでは、毎年2300万人の患者が、発生していると言われている。

 

 

日本において、ノロウイルスが食中毒の原因として、
目立ち始めてきたのは、1990年代後半のことで、
現在では、食中毒患者の、”約3分の1” を占めるに、至っている。

 

 

ノロウイルスの特徴は、僅か100個程度のウイルスが腸に入っても、発病してしまうことだ。

 

 

そのため、患者の吐物は、危険な感染源の1つとなっており、
保育所や老人施設、あるいは、ホテルやクルーザーなど、
狭い空間で共同生活をする環境では、ノロウイルスによる集団感染が、
時々起きてしまうのである。

 

 

下水を通して、ウイルスが環境を汚染し、ひいては、食物を汚染している場合がある。
また、感染者が、食べ物を、直接ウイルスで汚染していることもある。

 

 

学校給食やレストランなどの従業員が、保菌者として仕事に従事し、
その結果、集団食中毒に繋がるケースもある。

 

 

ノロウイルスが食事を通じて体内に入ると、
およそ1日〜2日程度の潜伏期間を経て、食中毒を発症する。

 

 

カキなどの貝類が、原因となるケースが多いと言われているが、
元をただせば、ノロウイルスに感染した人の糞便が、下水に流れ込んだ後、
川から海に広がり、ウイルスが海水を汚染しているからだろう。

 

 

カキが、ノロウイルスに汚染されることが多いのは、
私たち自身の生活によるところが大きいということを、
はっきりさせないと、いつまでもカキだけを悪者にし、
産地に大きな損害を与えるだけだ。

 

 

夏は起こる可能性が低いとはいえ、
そういったことも含め、注意しておかなければならないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

同じ食事で、食中毒になりやすい人、なりにくい人!
食中毒を予防するには、どうすればいい?
旅行者下痢症って何?
ノロウイルスに注意しよう!
最も多い食中毒細菌である、サルモネラ!
増えているカンピロバクター!
決して軽視できない、食中毒の風評被害!