ピルを飲むと体重が増える?

 

 

 

 

 

 

 

 

男性からすれば、ピルは避妊薬としてのイメージが強い薬だが、
それだけではなく、子宮内膜症や月経痛がひどい場合の、
治療薬としても、使用されている。

 

 

これらの治療に使用しているピルは、『低用量ピル』 と、
呼ばれるもので、比較的副作用の軽いものだ。

 

 

その他の効用としては、

 

 

・卵巣がん
・良性の卵巣腫瘍
・子宮体がん
・大腸がん

 

 

といったものの発生リスクを減らすだけでなく、

 

 

加齢と共に女性に増える、”骨粗しょう症” や、
”関節リウマチ” の予防、”ニキビの軽減” など、多岐にわたる。

 

 

しかし一方で、ピルを服用するリスクも、少なからず存在する。

 

 

よく勘違いしがちなのが、「ピルを服用すると太る」 と、
いうことだが、それについての因果関係は、立証されておらず、
あくまでイメージの話である。

 

 

一般的な副作用としては、”吐き気や頭痛”、
”不正出血” といったところだが、ほとんどの人は、
1カ月程度で改善される。

 

 

それよりも問題なのが、血管内で血液が固まる、
”静脈血栓症” で、発症頻度はまれとはいえ、
飲まない人よりは、リスクが高い。

 

 

このため、35歳以上の喫煙者や高血圧を持つ人など、
血栓症のリスクが高い人については、
ピルを服用できないことを覚えておこう。

 

 

最近では、避妊に失敗した時などに、
臨まない妊娠を避ける、緊急避妊薬も販売されている。

 

 

従来のピルに比べると。副作用も軽く、
安全性が高いとされているものだ。

 

 

自分のライフスタイルを守るために。使用したピルのせいで、
逆に身体を壊してしまっては何もならない。

 

 

ピルを服用してから3カ月ぐらいは、
むくみや痛み、息切れなどの、”血栓症のサイン” が、
起きていないかどうか、注意しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

女性特有のがん|乳がん
女性特有のがん|子宮頸がん
女性特有のがん|子宮体がん
女性特有のがん|卵巣がん
ピルを飲むと体重が増える?
尿失禁について
更年期障害について