加齢に伴う、前立腺肥大症に注意!

 

 

 

 

 

 

 

「敷居が高くて、行きづらい」 と、思われがちな泌尿器科。

 

 

頻尿や尿漏れなどの症状が出始める、
40代過ぎの働き盛りの男性にとっては、なかなか、
昼間に病院を訪れることは難しく、なおさら足が遠のいてしまう。

 

 

前立腺肥大症の治療は、症状が軽ければ、薬物療法で済むが、
放置しておくと、外科的手術が必要となったり、場合によっては、
膀胱や腎臓に、悪影響を及ぼすから、早めの検査が必要だ。

 

 

前立腺肥大症の、主な症状は、排尿障害と言われるもので、
要するに、おしっこの出方に、様々な異常が表れる。

 

 

 

「最近やたらトイレに行く」
「夜に何回もおしっこが出る」
「おしっこの出が悪い」
「何かおしっこが残ってる感じがする」

 

 

これらの症状が、しばらく続くようなら、
一度、泌尿器科を受診した方がいいだろう。

 

 

自分が、どの程度の状態かは、直腸診と呼ばれる、
肛門から指を入れて、前立腺を触る検査、
尿検査、血液検査、エコー(超音波検査)を、行うことで、
前立腺肥大の程度を、知ることができる。 

 

 

前立腺肥大症の原因は、日々発展を遂げている、
医療の世界をもってしても、未だ、解明はされていない。

 

 

現在の段階では、食生活や運動不足、
加齢による、男性ホルモンの分泌の低下で、
身体のホルモンバランスが崩れることなどが、挙げられている。

 

 

男性にしか起こらない病気である、前立腺肥大症。

 

 

頻尿や、尿漏れに悩まされながら、仕事をするのは、非常に辛いものだ。
少しでもおかしいと思ったら、早めの泌尿器科への受診で、病気を予防しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

STD(性感染症)に注意しよう〜クラミジア〜
STD(性感染症)に注意しよう〜梅毒〜
STD(性感染症)に注意しよう〜ケジラミ〜
ED治療薬は、必ず正規品の購入を
心筋梗塞の前兆である、EDにご用心
加齢に伴う、前立腺肥大症に注意
勝手な自己判断は危険、前立腺癌の恐怖