効果的な勉強方法と、睡眠の関係!

 

 

 

 

 

 

 

 少子化の中、大学全入時代の到来が間近となり、
 就職を有利に進めるために、資格取得や語学を身に付けようとする学生は多い。

 

 

 また、社会人も、キャリアアップと転職を有利に進めるために、
 資格取得を目指す人達は、増える一方だ。

 

 

 学生の内ならいざしらず、社会人になってからだと、
 学習時間確保のために、睡眠時間を削るしかないと思いがちだが、
 実は、逆効果になる可能性が極めて高い。

 

 

 その理由は、勉強で学んだ記憶の定着は、睡眠中に行われているからである。

 

 

 時間のない中、効率的に試験勉強を進めたいのであれば、
 深い睡眠と勉強を、セットで行うことを、心がけるのが大切だ。

 

 

 一時期、英単語などを聴きながら睡眠を取る、「睡眠学習」 が、
 流行したことがあったが、全くの逆効果だったことが、今日証明されている。

 

 

 なぜなら、睡眠中の脳の活動を妨害するだけで、
 睡眠学習は、記憶の定着には繋がらないからである。

 

 

 さらに、昼間に集中できない時間を過ごしていては、
 何のための学習だったのか、分からなくなってしまう。

 

 

 人間が日々成長できるのは、その日覚えたことを、
 睡眠中に、脳内でリプレイするからである。

 

 

 この作用が、最も働くのが、
 デルタ波と呼ばれる脳波が出る、眠り始めの3時間なのである。

 

 

 デルタ波は、体温の変化を早くすることで、増えるものなので、
 入浴後の1時間に集中して勉強し、眠くなったところであっさり寝る。

 

 

 すると、脳内のリプレイ作用がスムーズに働き、記憶が定着しやすくなるのだ。

 

 

 受験勉強は、単純に記憶するものがほとんどなので、
 入浴後の時間を有効に活用し、資格取得を目指してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

快適な眠りのために...「睡眠サプリ」のご紹介!

 

 

 睡眠サプリ、『ネムリス』は、筑波大学・裏出教授監修の睡眠時脳波検証で、
 国内で初めて科学的効果を発見した、休息サプリメントです。

 

 休息の特許成分である、”ラフマ葉抽出物” を配合し、
 従来使用していた成分の見直しを図ることによって、
 より高い休息の実感を実現しています。

 

 天然植物ハーブなど、12種類もの快眠成分を凝縮配合した、睡眠サプリで、

 

 ラフマ葉抽出物、グリシン、GABA酵素、トリプトファン、テアニン、
 クワンソウ、メリッサエキス、月見草、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン

 

 など、リラックスして、眠りの質をスムーズに高める、
 日本睡眠教育機構の睡眠健康指導士など、睡眠のプロも絶賛するサプリメントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

気になる自分に必要な、睡眠時間
夢を見る人は、睡眠の質が悪い?
生活と睡眠のスペースを、区別しよう
不規則勤務で、睡眠を整えるコツ
睡眠不足はダイエットの敵?
睡眠薬に頼り過ぎるのは、注意しよう
効果的な勉強方法と、睡眠の関係