女性特有のがん|卵巣がん

 

 

 

 

 

 

 

卵巣は、子宮の両側にある臓器で、
卵子の産生と、女性ホルモンの分泌を行う、
子どもを作るための役割と、女性らしさを保つための、
重要な役割を担っている。

 

 

悪性腫瘍である卵巣がんは、40代から増え始め、
50代〜60代が、発症のピークとなっている。

 

 

約9割は卵巣を覆う上皮にできる、『上皮がん』 で、
卵巣がんの原因は、「排卵を繰り返すことにある」 と、
言われており、排卵が止まる妊娠・出産を経験している人は、
罹患するリスクが軽減される。

 

 

このため晩婚化が進んでいることが、
卵巣がんが増えている要因の、1つと言えるだろう。

 

 

卵巣がんは、がんが片側に留まった、初期段階であれば、
9割の確率で、5年生存と言われているが、

 

 

発見しづらく、進行も早いため、ほとんどの場合、
気付いた頃には、かなり進んだ状態で、がんが発見される。

 

 

つまり下腹部痛や、出血などが起きてからでは、遅いのだ。

 

 

定期検診を受けていれば、安全と思いがちだが、
半年で進行してしまうこともあるため、
一年に一回の定期検診では、とても追いつかないのだ。

 

 

予測としては、乳がんと同様に、遺伝子の変異により、
発症するがんでもあるので、家族に卵巣がんや乳がん、
すい臓がんのある人は、要注意である。

 

 

卵巣がんを完治させるには、初回の手術で、
できるだけ、腫瘍を取り除くことである。

 

 

しかし、それでは患者の身体的負担が大きいため、
最近ではどのがんでもあることだが、手術前に抗がん剤を投与し、
腫瘍を小さくしてから、手術をするという、”術前化学療法” が、
有効かどうかが、議論の的となっている。

 

 

卵巣がんは女性特有のがんの中でも、
難治性の高いがんだが、少しずつ生存率も伸びている。

 

 

少しでも気になる人は、早めに医療機関を、
受診することをお勧めする。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラダに不安があれば...人間ドック&検診の、オンライン予約、『MRSO』

 

 

 マーソ(MRSO)は、人間ドック・脳ドック・PET検査(がん検診)など、
 健診の全てを、”オンラインで受け付け” できる、予約サイトです。

 

 マーソ(MRSO)は、掲載医療施設数、プラン数がとても豊富。
 あなたのご希望に合った、地域やプランから、お探しいただけます。

 

 お困りの際には、コンシェルジュが、365日電話対応でお助けします。
 (さらに、マーソで予約、受診されますと、”Tポイント” が貯まります♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

女性特有のがん|乳がん
女性特有のがん|子宮頸がん
女性特有のがん|子宮体がん
女性特有のがん|卵巣がん
ピルを飲むと体重が増える?
尿失禁について
更年期障害について