子宮筋腫の治療方法!

 

 

 

 

 

 

 

検診で見付かったからといって、それほど焦る必要のない、
子宮筋腫だが、治療が必要になる場合もある。

 

 

そのため、治療をしなくても、
定期的に、婦人科検診を受けておくことが大切だが、
治療が必要となるのは、主に、次の様な場合だ。

 

 

1つは、重い貧血や、膀胱の圧迫症状があるケースだ。

 

 

これらの自覚症状がある方は、すぐに、婦人科のある病院に行こう。

 

 

次に、不妊が改善せず、子宮筋腫以外に、その原因がないケースである。

 

 

子宮筋腫の治療をすることで、妊娠する可能性が高まるし、
今すぐ子供が欲しいわけではなくても、5センチ以上の筋腫を有している人は、
妊娠や出産時に、リスクが高くなるため、治療をしておく方がいいだろう。

 

 

子宮筋腫を、根本的に治療する唯一の方法は、
子宮を全部摘出することである。

 

 

しかし、そうすると、子供を産めなくなってしまう。

 

 

このため、筋腫だけを摘出する方法もあるが、
筋腫ができやすい体質を改善しない限りは、
将来再発するリスクを、消すことはできない。

 

 

どちらの方法を選択するにしても、再手術は好ましくないため、
自分だけではなく、家族ともよく相談した上で、
納得のいく治療を受けてもらいたい。

 

 

最近では、将来、妊娠や出産は考えてないが、
子宮は残しておきたいという人のために、
手術を避ける、新しい治療法が登場している。

 

 

「子宮動脈塞栓術」 と、「集束超音波療法」 だ。

 

 

前者は、大腿部の付け根からカテーテルを挿入し、
製剤を注入することで、筋腫を小さくさせる方法で、

 

 

後者は、筋腫に超音波をあてて壊死させるというものだ。

 

 

どちらも、妊娠や出産の安全性が確認されておらず、また、
健康保険が適用されないので、他の治療と比べ、費用が高くなるのがネックだ。

 

 

いずれにしても、慎重に考えて決断しよう。

 

 

 

 

 

 

 

カラダに不安があれば...人間ドック&検診の、オンライン予約、『MRSO』

 

 

 マーソ(MRSO)は、人間ドック・脳ドック・PET検査(がん検診)など、
 健診の全てを、”オンラインで受け付け” できる、予約サイトです。

 

 マーソ(MRSO)は、掲載医療施設数、プラン数がとても豊富。
 あなたのご希望に合った、地域やプランから、お探しいただけます。

 

 お困りの際には、コンシェルジュが、365日電話対応でお助けします。
 (さらに、マーソで予約、受診されますと、”Tポイント” が貯まります♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

月経トラブルについて
性感染症(性病/STD)について
子宮筋腫とは何か?
子宮筋腫の治療方法
子宮内膜症とは何か?
子宮内膜症の治療方法
卵巣嚢腫とは何か?