子育てでの仕事のダメージを、最小限にするポイント!

 

 

 

 

 

 

「ペットの体調不良で、有給休暇を取得した」
というニュースが、最近話題になった。

 

 

そもそも、有給休暇は、労働基準法で定められている権利であり、
取得する理由は、「原則として問われない」 ものである。

 

 

そうはいっても、職場によっては、
なかなか有給休暇を取りにくい場合がある。

 

 

共働きで、子どもを育てている家庭にとっては、切実な問題だ。

 

 

上司からは嫌味を言われ、同僚には陰口を叩かれる。
こうした事例は、枚挙にいとまがなく、誰しも少なからず覚えがあるだろう。

 

 

子どもの体調不良で仕事を休んでも、
仕事のダメージを最小限にするには、どうすればいいのだろうか。

 

 

ポイントは、休んだからといって、頑張り過ぎないことだ。
むしろ、普段から仕事をしっかりやっておくことが、大切である。

 

 

周囲とのコミュニケーションも仕事の内で、
普段から書類を分かりやすく整理しておいたり、状況をこまめに伝えることで、
緊急の場合に、誰かに引き継いで、対処してもらうことができる。

 

 

いろんな状況を想定して、対応できる様にしておくことが、重要だ。

 

 

また、子どもの病気で休むことを、自分から申し出るより、
保育園や幼稚園から、職場に電話してもらった方が、
スムーズに早退しやすいものである。

 

 

具合が悪くなったら電話してもらえるよう、
園側とコミュニケーションを、円滑にしておくことも大切だ。

 

 

仕事も子育ても、一人でやるものではなく、みんなでやるものである。

 

 

普段から周囲への感謝の気持ちを忘れず、謙虚に仕事に励むといった、
自分の日常生活が試されているという観点を持ち、
仕事と子育ての両立を、行っていくようにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

子どもが病気になった時
子育てでの仕事のダメージを、最小限にするポイント
子どものかかりつけ医の選び方
乳幼児に起こりやすい、ケガに注意
乳幼児がかかりやすい、水いぼに注意
保育園での連続感染に、気をつけよう
保育園生活でなりやすい、目や耳の病気に注意