心身のリハビリを行う、『音楽療法士』

 

 

 

 

 

 

 

 

現代社会に大きな影を落としているのが、社会に蔓延している、ストレスである。

 

 

仕事上のストレスを始め、近隣とのトラブルや友人との人間関係、
親子関係での感情のもつれなど、ほとんどの人が、
何らかのストレスを抱えながら生活している。

 

 

そんな中、例えば、オルゴールなど音のエネルギーは、
音の振動エネルギーの他に、リズムとメロディの刺激によって、
脳内の循環を刺激し、脳の働きを変える力があることが、判明している。

 

 

心と身体が密接に関係していることが、
研究を通じて証明されている現代医学で、音楽が持つ力を活かして、
患者の心身をリフレッシュさせ、リハビリを行っているのが、
『音楽療法士』 と言われる職業だ。

 

 

海外に比べ、音楽療法の日本での知名度は、まだ高くはないが、
今後広まっていくと思われる、療法の1つである。

 

 

音楽療法士になるには、日本音楽療法学会の正会員でなければならない他、
音楽療法関連分野の単位修得など、いくつかの決まりがある。

 

 

公的な資格ではないので、現在医療機関で働いている人が取得して、
現場で音楽療法を施しているケースが、ほとんどだ。

 

 

現在は、カウンセリングや患者のケアの補助が中心だが、
心理的分野の研究が進む中、これからは、
音楽療法士の地位や役割も、拡大していくと思われる。

 

 

歌を歌うことや、リズムに合わせて動くことは、
心理面では開放的になり、肉体的には運動機能の回復にも、繋がるものだ。

 

 

医療施設や社会福祉の場だけでなく、
学校など、教育施設でも音楽の果たす役割は大きい。

 

 

心身のリフレッシュとリハビリを行う音楽療法と、
それを支える音楽療法士の存在に、注目だ。

 

 

 

 

 

 

医療の仕事、資格取得の総合サイト、『ケア資格ナビ』 のご紹介!

 

 

医療の仕事の資格取得スクール、資料一括請求ができます!

 

 

日本全国から検索できますので、あなたのお住まい近くのスクールで探せます♪
(下のバナーは、実務者研修の講座ですが、「ケアマネジャー」 など、色々あります!)

 

 

 

 

気になったら、とにかくまずは、資料請求を! → 医療の仕事の資格取得なら、『ケア資格ナビ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

医療事務
歯科衛生士
臨床検査技師
鍼灸師
臨床心理士
音楽療法士
法医学医