最新歯科医療について!〜審美歯科治療〜

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて、「芸能人は歯が命」 というCMがあったが、
今や、芸能人でなくても、美しい歯を求める人達が増えている。

 

 

健康な歯は、笑顔を輝かせると言うが、
やたら歯だけ白いのも、それはそれで違和感があるものだ。

 

 

とはいえ、人間関係において、第一印象は重要なもの。

 

 

虫歯の治療の後に、ホワイトニングをする人も少なくなく、
審美治療は、新しい分野として定着していっている。

 

 

医療は、受ける側の要請に合わせて、常に変化し発展を遂げている。

 

 

ただのブームに終わることなく、
歯科治療の発展に、位置付けられればと願うばかりだ。

 

 

そもそも歯が汚れたり変色したりするのは、ただ単に、
歯磨きをしているかしていないかといった、単純なものではない。

 

 

もちろん、歯磨きをきちんとすることは、大前提だ。

 

 

食べ物の着色や、タバコのヤニ、コーヒーやお茶など、
歯磨きがきちんとできていないと、歯の汚れになる。

 

 

しかし、薬の副作用や病気などで、歯が変色する場合もある。

 

 

また、病気と関係なくても、高齢になると、
次第に歯が黄色くなることは、誰も避けることができない生理的現象だ。

 

 

こうした、歯の変色を改善するのが、ホワイトニングで、
単純に言えば、歯のクリーニングである。

 

 

自費診療が基本なのがネックだが、
人間とは不思議なもので、口元が爽やかになるだけで、
自分に自信を持ったり、人前に出ることが楽しくなったりする。

 

 

これからの時代は、ホワイトニングを通して、歯だけではなく、
心身の健康を、保つようになっていくかもしれないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

インプラント治療
むし歯治療
歯周病治療
口腔外科治療
床矯正治療
審美歯科治療
訪問歯科診療