薄毛治療に、遺伝子検査は有効?

 

 

 

 

 

 

 

 

男性ホルモン型脱毛症を意味する、「AGA」は、
日本において増え続け、現在、約1000万人が発症していると言われている。

 

 

治療に有効な薬品が開発されてはいるものの、その効果は、個人差が大きい。

 

 

この個人差が生じる鍵を握っているのが、
その人が持つ、「男性ホルモン受容体」 の感受性の違いなのだ。

 

 

それを調べる有効な方法が、遺伝子検査である。

 

 

AGAに関しては、母親から受け継いだ遺伝子が、主に関与している。

 

 

従って、父親が薄毛だからといって、
必ずしも、将来その子供が薄毛になるとは限らず、
よく勘違いされることが多い。

 

 

遺伝子検査を受けることが重要な理由は、
男性ホルモン受容体の、感受性の程度の把握抜きには、
選択すべき薄毛の治療法が、確定できないからだ。

 

 

さらに、遺伝子情報は一生変わらないため、
将来薄毛になるかどうかの判別もつき、一石二鳥である。

 

 

男性ホルモン受容体の、感受性を決めている遺伝子は、
はるか昔から存在していたはずだが、この遺伝子が原因の、
薄毛が顕在化してきたのは、ごく最近のことである。

 

 

理由の一つとして挙げられるのは、薄毛は、加齢と密接な関係があるため、
平均寿命が短い時代には、薄毛になる人自体が、少なかったと考えられていることだ。

 

 

戦後、平均寿命が大きく伸び、現在では、人生80年と言われているが、
平均寿命が長くなったことで、薄毛を発症する人の数が増え、
食生活の欧米化などの影響もあってか、発症が低年齢化しているのは、
ある意味皮肉なことである。

 

 

帽子を日常的に被る文化も廃れてしまい、
薄毛に対するネガティブな評価は、かなり社会に浸透している。

 

 

薄毛の人こそ、発達する遺伝子研究の、恩恵を受けられる立場にいる。

 

 

治療を求める人は、遺伝子検査を受け、
自分に適した治療法を、早く見付け出そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

がん遺伝子検査で、治療効果が予測できる?
遺伝と遺伝子の違い
身近になってきた、遺伝子検査
早めの遺伝子検査で、若さと健康をコントロールしよう!
薄毛治療に、遺伝子検査は有効?
これから期待される、遺伝カウンセラーの存在
戦後否定された、優生学の過去と現在