遺伝カウンセリングと、インフォームド・コンセントの違い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフォームド・コンセントとは、現代医療の思想を表す言葉の1つで、
なぜその治療が必要なのかを始め、副作用の説明や、
他の治療法に関する情報提供など、医師が、患者に説明する行為のことだ。

 

 

治療を受ける側としては、各種カウンセリングとの区別が、
一見つきにくいものだが、医療行為を行う側は、明確に区別している。

 

 

インフォームド・コンセントが、医師の患者に対する、
「説明義務」 で、患者の決定権には参加しないのに対し、

 

 

カウンセリングは、患者の自律的な決定を、「援助」 する行為だからだ。

 

 

特に、遺伝カウンセリングは、
精神療法や心理療法の様な、強い心理介入を行うのではなく、
あくまで、患者の自己決定のサポートに過ぎない。

 

 

カウンセリングの方が、インフォームド・コンセントよりも、
患者とカウンセラーの共同作業の度合いが強いと考えれば、
分かりやすいのではないだろうか。

 

 

また、インフォームド・コンセントは、医療契約の一部であることから、
その料金は、診療費に含まれていると考えられている。

 

 

これに対して、遺伝カウンセリングは、
患者が、自分の意思で、受けることができる権利であることから、
法的には、別の契約と考えられており、カウンセリング料が発生する。

 

 

その辺りの説明をきちんとしないことで、
トラブルが発生しているケースもある。

 

 

医療が高度化・細分化する中、かつては、
医師が行っていた、遺伝カウンセリングも、
遺伝カウンセラーを必要とするぐらい、発展しているのだ。

 

 

決して、ルール違反をしているわけではないのだから、
医療従事者は、きちんとした情報提供のもと、
患者に寄り添った医療を、進めてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

遺伝子検査とDNA検査の違い
遺伝で健康は決まるのか?
遺伝子検査で進む、オーダーメイド診療
酒の弱さは遺伝で決まる?
代表的な遺伝子検査である、出生前診断
遺伝カウンセリングと、インフォームド・コンセントの違い
遺伝子検査と、倫理の問題