遺伝子によって、食べ方も変わる?

 

 

 

 

 

 

 

 

芸能人のダイエット本や、テレビのバラエティ番組の影響で、
野菜を先に食べるだけで、肥満が抑えられる、または、
痩せることができると思い、実践している人は意外に多い。

 

 

これは、食事をする順番を、
「野菜や肉・魚などの、タンパク質。ご飯や麺類などの、炭水化物。」
の順に、それぞれを完食してから食べるダイエット方法だ。

 

 

これには、一定の根拠があり、空腹時にいきなり、
ご飯や麺類など、炭水化物を身体に入れると、急激に血糖値が上がり、
すい臓からインスリンが、大量に分泌される。

 

 

ブドウ糖を、血中から細胞に運ぶ役割を果たすインスリンだが、
余ると、脂肪となって、脂肪細胞に蓄えられてしまう。

 

 

こういった状態が日常的になると、体脂肪が増えていく。
よって、血糖値の上昇を防ぐ効果のある、野菜から食べた方が、肥満予防にはなる。

 

 

 

しかし、遺伝子が人それぞれである様に、
食べ方一つとっても、効果は人それぞれだ。

 

 

遺伝子的に、筋肉が付きにくい人の場合は、野菜より、
肉や魚などの、タンパク質を先に食べた方が、ダイエットには効果がある。

 

 

筋肉が細いので、後から食べれば食べるほど、吸収が悪くなり、
同じように、野菜から食べると、筋肉量低下に繋がり、
消費カロリーも減ることで、肥満に繋がってしまうのだ。

 

 

他には、少食も、健康増進に繋がるかどうかは、人それぞれだ。

 

 

遺伝子的に、代謝のいい人が少食にしていると、
かえって痩せすぎてしまい、病気に繋がることがある。

 

 

そもそも、少食が長生きに関連しているかどうかは、
はっきりと解明されていない。

 

 

万人に共通するダイエット法など、有り得ないので、
ダイエットする際は、自分に一番合ったやり方を見付けることが、まず大切である。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

遺伝子で理想の相手探し?
遺伝子によって、食べ方も変わる?
遺伝子は、医療費抑制の切り札になれるか?
健康法より、遺伝子検査で自分の体質を学ぼう
才能も、遺伝子検査で判る時代?
酒の強さも、遺伝子で決まる?
人間は、長寿遺伝子を持っている?