遺伝子検査についての、法律や世界的基準!

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子検査により、病気のリスクを評価するための、
新しい取り組みが注目されていますが、今のところ、
この事業を制限するような決まり(法律)が、未だ整備されておらず、
早期のルール作りが必要と考えられています。

 

 

まず、現在遺伝子検査を行っている複数の業者に、
病気のリスクを同じサンプルで依頼した場合に、
結果が大きく異なるというような報告が、いくつ行われています。

 

 

このような、分析結果に対する科学的根拠を、
どのくらい蓄積しているかということに関しては、現在不明で、
経済産業省も、この様なサービスを提供する業者に関しては、
判定を行うための科学的根拠を、要求したいとしています。

 

 

また、検査機関における分析が、正しく行われているかどうかの、
第三者機関によるチェック機能も、必要と考えられています。

 

 

また、世界統一的な基準作りに関しても、必要性を感じているようで、
2014年内に、これらの事を考慮したルールを、まとめたいとしています。

 

 

ただ、世界的な基準作りまで考える場合には、
短期的にルールをまとめるまでには、ある程度の時間が必要と考えられています。

 

 

一方、ルールが整う間に、個人的に、
どのように業者を評価すれば良いかという点に関して、
幾分、考え方が専門家で整理されています。

 

 

例えば、科学的根拠に対する説明があるかどうか、
検査結果についての、カウンセリングが受けられるのかどうか、
業者が準拠している、ガイドラインが明示されているか、
といったような事が必要とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

遺伝子検査の今後の課題
遺伝子検査による、親子鑑定
遺伝子検査で子供の才能が、どこまで判る?
アルコール代謝遺伝子の検査
遺伝子検査は、専門の病院で受けよう
子供の遺伝子検査について
子供の遺伝子検査、結果の活用
遺伝子検査の、保険への影響
遺伝子検査の後の、病院での診察
遺伝子検査についての、法律や世界的基準