遺伝子検査による、親子鑑定!

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、結婚していない男女の間に生まれた子供に、遺産相続をする場合の、
裁判所での、新しい判断が出たことが、話題になりました。

 

 

つまり、民法に定める、
「結婚している夫婦の子が、遺産を半分受け取る」ことは、

 

 

結婚していない二人の間に生まれた、子供、
つまり、「婚外子への、”不当な差別” だとする判断」を、
最高裁大法廷が行ったのです。

 

 

今までの考えでは、誰の子供かが、よく分からないような場合でも、
現在では遺伝子検査により、親子の関係が、簡単に正確に判定することが、
出来るようになりました。

 

 

その結果、認知されていなかった子供への相続が、
発生するようなケースが増えているのです。

 

 

もちろん、結婚前に複数の男性と、付き合っていた女性の場合など、
誰の子供かということが、血液型からだけでは分からない様なケースでも、
遺伝子検査により、親子の関係を明確にすることが、出来るようになったのです。

 

 

そのようなニーズが増えていることの背景には、離婚率が増加して、
以前よりも相続問題が、増えていることが考えられます。

 

 

従来のような、親の血液型からは、推定できない子供の血液型に関しても、
遺伝子検査をして、親子関係を明確にすることで、理解が深まる可能性があるのです。

 

 

親子鑑定が、裁判で、非常に重要な証拠となることがありますので、
大事な証拠としたい場合は、所定の検査機関で検査を受けて、
弁護士の鑑定書の作成に、役立てることが大事となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

遺伝子検査の今後の課題
遺伝子検査による、親子鑑定
遺伝子検査で子供の才能が、どこまで判る?
アルコール代謝遺伝子の検査
遺伝子検査は、専門の病院で受けよう
子供の遺伝子検査について
子供の遺伝子検査、結果の活用
遺伝子検査の、保険への影響
遺伝子検査の後の、病院での診察
遺伝子検査についての、法律や世界的基準