遺伝病と遺伝子病は違う?

 

 

 

 

 

 

 

 

人間のDNAは、約30億塩基対の、A,G,C,Tの配列から成り立っている。

 

 

この約30億ある内の、たった1つが変異するだけで、病気になることもあれば、
1000個に1つが変異していても、病気にならないこともある。

 

 

要は、どの配列が変化しているかが、重要な問題なのだ。
遺伝子の変化すべてが、病気に結び付くわけではないことを、よく覚えておこう。

 

 

誤解しやすいもう1つのことは、「遺伝病と遺伝子病は違う」ということだ。

 

 

遺伝病は、親から子へ遺伝子の異常が受け継がれる病気だが、
遺伝子病は、遺伝子の塩基配列の変化により、
個体レベルで、特定の病気を発症する場合のことだ。

 

 

要するに、

 

 

親から子へ、遺伝子の異常が受け継がれるとは限らない病気が、遺伝子病で、
その内、次世代に遺伝するものが、遺伝病と考えれば、分かりやすいかもしれない。

 

 

そういう意味では、大部分の、”がん”は、
遺伝子が異常を起こしていることが原因なので、遺伝子病の代表格と言える。

 

 

もちろんそういった遺伝子を持っていたとしても、
すべての人が発病するわけではない。

 

 

遺伝子を持っていることと、発病することとは、また別の問題なのだ。

 

 

むしろ最近では、日常生活の過ごし方や職場環境など、
いわゆる、環境要因の関わりが大きいと言える。

 

 

添加物がふんだんに使われた食事ばかりとり、
睡眠不足になるような、不規則な生活ばかりしていては、
遺伝子の悪質な変化を助長させているようなものだ。

 

 

最新の知識を取り入れることも重要だが、
まずは、普段の日常生活を見直すところから進めてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

遺伝病と遺伝子病は違う?
DNA検査とRNA検査の違い
そもそも遺伝子治療とは何か?
遺伝子検査で効く薬が分かる?
遺伝子検査を受けてみたい?
乳がんは遺伝するのか?
究極の個人情報である遺伝情報