AGAの薬の効き目は、遺伝子検査で!

 

 

 

 

 

 

 

 

AGAの発症リスク、薬剤の感受性(薬の効き目の効果)を調べる、
遺伝子検査には、幾つかの種類があります。

 

 

検査の内容によって、検査のモトとなるものが、
血液、毛髪、口内粘膜だったりします。

 

 

また、専門クリニックや病院で、これらを採取し検査する場合と、
専門施設を訪れる前に、自宅で自分が採取して、郵送などする場合もあります。

 

 

どちらにしても、検査結果は返って来ますが、
ここで問題なのは、その結果を正しく診断できるかです。

 

 

専門施設では、専門医が、今まで診てきた患者さんの結果の数や、
それに対する病状など、数多くのデータを基に診断してくれるでしょう。

 

 

そして、病状に合わせた治療が、そこから開始されます。

 

 

だからと言って、専門施設で受けろと言っているわけではなく、
自己採取の場合、検査費用が安い、検査結果が出るまでの期間が短いなど、
通院して検査を受けるよりも、良い点も多数あります。

 

 

遺伝子検査は、生涯に1度だけすればよいものです。
どの方法で実施すのかは、自分が決めればよいのです。

 

 

しかし、自分で行った場合でも、その結果を持って、
専門施設に行くことを強くお薦めします。

 

 

私たちは医者ではありません。
「発症リスクが低いから、もうしばらく様子を見よう」
などと、間違った判断をしてしますと、
あとで取り返しのつかないことになるかも知れません...

 

 

 

 

 

 

 

 

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査キット、『MYCODE』のご紹介!

 

 

 『MYCODE』は、唾液を採るだけで、病気や体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

 

 まずは、「MYCODE 公式HP」より、検査キットをお買い求めください。
 続いて、唾液を採取して、「ポスト」へ投函。
 検査結果とアドバイスは、「Web」でご確認いただけます。

 

 

 わざわざ病院へ出向かず、好きな時に買えて、好きな時に結果を見られるので、楽ちんです♪
 詳しくは「MYCODE 公式HP」でご確認ください。

 

 

 

 

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

抜け毛、薄毛は原因究明から!
AGAと遺伝子検査
AGAの薬の効き目は、遺伝子検査で
AGAの治療費について 〜薬代・保険〜
AGA治療、確定申告で医療費控除
子供の才能を知ろう